pagetop

兵庫県西宮市にある女医・女性スタッフによる女性のための総合クリニック。

木内女性クリニック インターネット予約
診療時間:10:00~13:00 15:00~19:00 インターネット予約はこちら
診療時間:10:00~13:00 15:00~19:00

月経のトラブル

月経不順

基礎体温をつけると、治療の必要があるかどうかが分かります。

無月経 18才までに一度も月経にならない原発性のものとストレスやダイエットが原因の続発性無月経があり、ホルモン治療や漢方治療が必要な事があります。
月経周期異常 正常の場合25~38日周期といわれています。年に3~4回不定期にしか月経がこないとか、20日以内の周期で頻繁に月経がくる場合、ホルモン検査後治療を考慮します。
無排卵性月経

月経はあっても排卵がない場合で、基礎体温が一相性で低温ばかりです。年令によって排卵をおこす治療やホルモン治療を行うことがあります。若年の場合はホルモン中枢の成熟を待ってみることも多いです。

●関連情報:⇒基礎体温について

月経困難症

月経痛は多少だれにでもありますが、
痛みが生活に支障がある場合を月経困難症とよびます。

器質性月経困難症 子宮筋腫や子宮内膜症などに原因があるもの。
機能性月経困難症 若い女性はほとんどこれで、とくに病気はないものの発育未熟や形などが原因です。

月経困難症は、「機能性月経困難症」と「器質性月経困難症」とに分けられます。
「機能性」が病気のない月経困難症であるのに対して、「器質性」は子宮内膜症や子宮筋腫の病気があるために月経にともなう苦痛が強いものをいいます。
「機能性月経困難症」は、若い女性の場合はほとんど子宮がまだ未熟で血液を外へ排出するために子宮が過剰に収縮することが大きな原因といわれており、出産などを機会に症状が軽快することが一般的です。
近頃、月経困難症というだけで、器質的疾患はないと思われるのに、それだけで子宮内膜症という診断をされて、治療を受けることを余儀なくされている例もあります。
これは非常に危険なことであり、治療を受ける側もしっかりとした説明に納得した上で治療を受けるようにしたいものです。
「機能性月経困難症」なら痛み止めによる対症療法か、漢方、そしてひどい場合はピルや子宮内黄体ホルモン放出システム(IUS)を選択するのがよいと考えられます。
最近は軽い子宮内膜症にもピルが非常に効果的であることがわかっています。

●関連情報:⇒ピル(OC)について医療用には保険適応のものもあります。
⇒子宮内黄体ホルモン放出システム(IVS)保険適応です。

 

月経量異常

月経過多 30分おきにナプキンを交換するような場合や8日以上出血が続く場合、またレバーのような大きな血の固まりが混じる場合は過多月経といえます。
月経過少 2日以内でおわる、ナプキン交換の必要が無いなどは、子宮やホルモンの異常の可能性があります。
 

月経前症候群(PMS)

月経前に体や精神状態に変調をきたすことを言う。低容量ピル(OC)の利用、SSRI(抗ウツ剤)で症状の軽減ができます。

身体的症状 むくみ、だるさ、食欲低下・後進、下腹部痛、便秘
精神的症状 イライラ、おちこみ、無気力、記憶・集中力低下

多少だれにでもみられるが症状が日常生活に影響が出るようになると、この病名と考えてよいです。特徴としては排卵日以後から月経開始直前にしかみられず、月経開始とともに正常にもどります。カフェインや過度の糖質・脂質摂取が症状悪化につながります。

 

不正出血

月経以外の時期に出血することをいいます。 排卵日前に出血をともなうことはしばしばありますが、子宮や卵巣の腫瘤やホルモンの異常、子宮がんの初期であることもあり、頻繁におこる場合はご受診ください。

 

クリニック情報

〒663-8204
兵庫県西宮市高松町4-8
プレラにしのみや3F

アクセスマップはこちら

TEL 0798-63-2271
FAX 0798-69-3321

10時~13時


15時~19時


○:一般外来診察
△:特殊外来(予約制)
●:9時~13時まで