pagetop

兵庫県西宮市にある女医・女性スタッフによる女性のための総合クリニック。

木内女性クリニック インターネット予約 ピル外来併設
診療時間:10:00~13:00 15:00~19:00 インターネット予約はこちら
診療時間:10:00~13:00 15:00~19:00

子宮頸ガンと子宮頸ガン予防ワクチン

子宮ガンの種類は大きく分けて2種類あります。

sikyu1

頸ガンは、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が原因で起こることが知られています。
HPVはとてもありふれたウイルスで、性交渉の経験がある女性の80%以上が、50歳までに感染を経験するといわれています。
特に若い年代の感染率は非常に高いと言われています。
150種類以上の型があるHPVの中で15種類程度が高リスク型です。
子宮頸ガンの原因となるHPVの代表は16型と18型で、子宮頸ガンの原因の約65%を占めています。20〜30代で発見されるHPVの8〜9割を占めているのがこの16、18型です。

sikyu1

ハイリスクのウイルスに感染するとどうなるかを示した図です。

sikyu1

人がかかる多くのガンは、遺伝性腫瘍などごく一部を除き、そのほとんどは未だ原因が確定していません。
これに対して、子宮頸ガンは、そのほとんどがHPV というウイルスの感染が原因であることが科学的に証明されているガンであるという点が極めて特徴的です。
「高リスク型」のHPVに長期間感染すると、ガンに進行する可能性がある異常な細胞が増えていきます。
この状態を「異形成」といいます。
「異形成」にも程度があり、軽度の場合は自然に治ることが多いのですが、異常な細胞が増えた高度の「異形成」では子宮頸ガンに進行する可能性が高くなります。
子宮頸ガンの最初の段階を上皮内ガンといい、ガン細胞は子宮頸部の表面(上皮)にとどまっています。
ここまでの段階では、子宮頚部をレーザーなどで蒸散したり、頸部の病変部を一部切除する円錐切除術で対処できますが、上皮の下の基底膜をこえてガン細胞が広がると、浸潤ガンと呼ばれ、転移を起こしてくる可能性があります。
実際浸潤ガンになるものは1%以下ですが、浸潤ガンになれば子宮全摘+卵巣含め骨盤内の臓器を広く切除する手術を必要とし、妊娠が不可能になるだけでなく、進行すれば生命にかかわります。
HPVウイルスの感染を予防するために、ワクチンが作られ、現在2価と4価がありどちらも最もリスクの高い16・18型の感染を予防します。
性交を経験する前、もしくは感染していなければその時点で予防ワクチンを打てば、子宮頚ガンにほぼならずに済むと言えます。
下の図はワクチンを強制的に摂取したオーストラリアの例です。
20歳未満から29歳までの子宮頚ガンの発生数が激減しているのがわかります。

sikyu1
sikyu1

現在ワクチンの副作用が大きく言われたことが原因で接種率が1%以下になっています。
このままでは世界中で日本だけが子宮頸ガンの予防ができないままになります。
副作用に関しては医学的に因果関係がないとの説もありわかっていませんが、当院でも以前は多くの方がこのワクチンをうたれましたが、強一過性の痛みと発熱以外は大きな副作用はみられませんでした。
日本産婦人科学会では、子宮頚ガン予防ワクチンは12歳から16歳までの定期接種としており、無料として進めていますが、副作用問題が解決していないので、強く推奨はしていないという文言をつけています。
メリットは絶大なので、是非皆さんにご理解いただいて子宮頸ガンの予防が積極的に進むことを祈っています。

クリニック情報

〒663-8204
兵庫県西宮市高松町4-8
プレラにしのみや3F

アクセスマップはこちら

TEL 0798-63-2271
FAX 0798-69-3321
専用ダイヤルはこちら
050-5840-1083

10時~13時
15時~19時

○:一般外来診察
☆:予約外来
●:9時~13時まで